事業案内

良好な交通アクセス

川崎事業所は、京浜経済圏の中央に位置し、首都高速、横羽線、湾岸線、アクアラインへのアクセスが良好の上、川崎港コンテナターミナル等の港湾関連施設も充実しています。

京浜島事業所は、首都高湾岸線、および環状7号線に隣接し、大田区中央卸売市場や大型冷蔵倉庫群の整備された大井・平和島地区に立地しています。

幅広い冷蔵品の保管取り扱いが可能

商品の保管温度は、チルド品(1.5℃〜5℃)、冷凍(-25℃)まで商品に最適な温度帯での保管が可能です。また、輸入品の保管についても、迅速かつ正確に行っています。

いつもさわやか笑顔で対応、一人ひとりが自覚を持ち、品質管理重視で食生活をサポートします。

当社は昭和23年4月、当時不足していた医療用氷の生産・供給を目的に、江東区三好町に製氷工場を建設したのが原点です。その後は昭和37年に江東区森下に本拠地を移し冷蔵倉庫事業「高橋事業所」をスタートしました。昭和48年に「溝の口事業所」を建設(昭和52年に増設)、昭和55年には大田区に港湾型冷蔵倉庫「京浜島事業所」を開設し冷蔵倉庫事業へ本格的に参入しました。その後、高橋事業所、溝の口事業所周辺の市街地化、施設の経年化から両センターを解体撤去、代替地として現在地の川崎市水江町に用地を取得、平成14年川崎事業所を開設しました。
現在の川崎・京浜島両事業所を合わせた総庫腹能力は、およそ3万8000トンとなっています。

▲ PAGE TOP