事業所案内

川崎事業所

京浜島事業所

川崎事業所

<ゼロ・エミッション> 環境負荷低減を目指す

川崎事業所が立地するエリアは、川崎市の環境調和型の街つくり(エコタウン)構想の一環として計画された事業環境のゼロ・エミッション工業団地となっています。
団地内の各企業は当社初め、各社ISO14001(環境)を取得し、環境負荷低減に積極的に取組んでおり、当社は壊れた木製パレットや木屑、ストレッチフイルムなど廃棄物のリサイクルを実施しています。こうした背景もあり、増設庫の冷凍設備の冷媒にはアンモニアを採用しています。

熱効率の高い直膨式で小型冷凍機(充填量50キロ前後)7台を分散配置、配管距離を最短にしたほか散水装置、除害装置を導入するなど高い安全性を確立しています。更に電力不要の蓄光式避難誘導板を採用するなど細心の配慮も加えています。
また、増設庫は川崎市の「施設評価CASBEE」(建築環境総合性評価システム)の認定も受けています。

川崎事業所の庫腹能力は3万トンを超えており、IT、物流マテハン機器を備えた物流センター機能を有しており、プラットフォームに陽圧除湿装置を設置、高い温度管理(プラットフォーム温度0〜3℃)・品質管理のもと、バーコードによる入出庫・ロケーション管理、フォーク搭載端末(LAN)による効率的な荷役作業を可能にするほか、商品入出庫履歴追跡システム等を機軸とした冷蔵情報システムを導入するなど、時代をリードするハイブリッド型汎用冷凍冷蔵倉庫となっています。
現在は、乳製品、アイスクリーム、冷凍食品などを保管し、物流専門会社との提携によりフローズン共配センターとしての役割を果たしています。
また平成22年に完成した新倉庫は大手コンビニエンスストアチェーンの配送拠点としては最大規模のフローズンエリアデポとなっており、直接店舗への配送、各地センターへの配送を併せ3,700店舗へコールドフーズの供給を行っています。東京都大田区の京浜島事業所(庫腹能力7,633トン)でも川崎事業所同様に、乳製品、アイスクリーム、冷凍食品などの保管を行っています。

敷地面積

13,651m² (4,219坪)

延床面積

27,237m²

構造

冷蔵庫棟 RC造り 5階建
事務棟  S造り 3階建

冷蔵倉庫内訳

収容能力 26,400トン
C級  700トン
F級 25,700トン(内移動ラック倉庫:12,700トン)

荷捌場

奥行き32m、幅64m、面積1,152m²(350坪)
温度設定 +5℃〜-28℃
ドックシェルター 16基(電動スライダー)
電動シェルター 3基(電動スライダー)
リーファーコンセント 3基
ドックレベラー 1基

荷役機器

昇降機   3.5トン 1基
垂直搬送機 1.5トン 8基

仕分場

奥行き18m、幅34m、面積612m²(185坪) 2室

許認可

保税蔵置場、動物検疫所指定検査場所、
独立行政法人農畜産業振興機構指定倉庫
第一種貨物利用運送事業
ISO14001(環境)認証取得

<平成22年竣工した新館 冷蔵倉庫>

フローズンセンター機能を拡充した自然冷媒採用のF級1万トン級倉庫

RC造5階建、建築面積1,813m²、延床面積8,648m²のF級1万トン級倉庫です。平成14年に竣工した既設庫(2万トン)に併設されています。1階、2階が大手コンビニエンスストアー専用のフローズンセンター、3階〜5階は冷蔵倉庫で構成されており、保管能力はF級11,000トン、1・2階部分を除いた実質保管スペースは6,200トンです。

増設庫は、保管と配送機能を融合した複合型物流センターとなっており、荷捌棟を併設せず1棟全体がF級冷蔵倉庫となっています。フローズンセンターは庫内温度と同じマイナス25℃に設定され、1階が店舗別出荷エリア、2階が自動仕分・ピッキングエリアとしてCVS向けの冷凍食材、アイスクリームなどの仕分・配送業務を行っています。

二重防熱扉を採用

垂直搬送機(1.5トン)は低温荷捌場と冷凍庫内に各1基、計2基設置され、1階低温荷捌場から各階への入庫、3〜5階庫内から1・2階への直接、庫内出庫ができるほか1階と2階はカゴ車専用昇降機及び冷凍保冷ボックス専用コンベアで連結し、より効率的な仕分・日配作業を可能にしています。ドックシェルターは全部で16基、全面的に防熱扉を採用しているがこのうち正面大型車4基はスライダー型、側面の小型車12基は2重扉構造として外気温の進入をシャットアウトしています。加えて各シェルター及び待機駐車場にスタンバイ電源も併設しています。

施設の特徴

(1)マイナス25℃管理の24時間計画配送出荷センター。
(2)冷蔵庫断熱材は高断熱で地球温暖化係数の低い材料を選定。
(3)冷却設備の冷媒は自然冷媒(アンモニア)としCO2削減を実施。
(4)冷蔵庫照明は低温型蛍光灯及びLEDとしCO2削減を実施。
(5)敷地内に可能な限りの緑化を実施。
(6)1階の出庫ドックはF級温度冷気対応ドックシェルター仕様。
(7)冷凍庫内長辺梁間は11mとしてテナント配送車接車台数を向上。

(8)各階は新館・旧館ともフロアーが続いており、一つの倉庫として入出庫作業が可能。

▲ PAGE TOP

京浜島事業所

京浜島事業所は大田中央卸売市場及び多数の大型冷蔵倉庫が集築している、大井・平和島地区の一角にある京浜島に位置し、首都高速・環状7号線に隣接した交通アクセスに恵まれた、格好の物流拠点となっています。立地事業環境面から保税蔵置場、動物検疫検査場所等を活用した輸入商品の取り扱いが多くあり、取扱商品の荷役、保管、事務処理等を効率的に結合された冷凍情報システムを用い、冷凍食品やアイスクリームなどの大口商品・小口商品の多品種・多様な商品の確実な荷扱いを行い、品質・在庫管理面とともに荷主各位から高いご信頼をいただいています。

敷地面積

2,800m²

建設面積

1,400m²

延床面積

5,582m²

構造

冷蔵庫棟 RC造り 4階建
事務棟 S造り 2階建

冷蔵倉庫内訳

収容能力 7,633トン
F級(-25℃) 7,633トン

荷捌場

奥行き11.5m、幅40.0m、面積460m²(140坪)
温度設定 5℃
ドックシェルター 5基
エアーシェルター 3基
リーファーコンセント 1基

荷役機器

昇降機 3.0トン 3基

許認可

保税蔵置場
動物検疫所指定検査場所
独立行政法人農畜産業振興機構指定倉庫
第1種貨物利用運送事業

▲ PAGE TOP